ひだまりのなか、想ふこと

日々の思いを徒然、ぼ〜っとしてます。
<< TracでのDateの処理 | main | 基本は引出ATM手数料は無料なんですがね。。。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
trac0.11にScrumBurndownPluginをインストールしたら、LookupErrorになった。
trac0.11にScrumBurndownChartをインストールしてみたら、
こんなエラーが出た。

Traceback (most recent call last):
  File "/usr/local/share/python25/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.ja1-py2.5.egg/trac/web/api.py", line 339, in send_error
    'text/html')
  File "/usr/local/share/python25/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.ja1-py2.5.egg/trac/web/chrome.py", line 684, in render_template
    data = self.populate_data(req, data)
  File "/usr/local/share/python25/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.ja1-py2.5.egg/trac/web/chrome.py", line 592, in populate_data
    d['chrome'].update(req.chrome)
  File "/usr/local/share/python25/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.ja1-py2.5.egg/trac/web/api.py", line 168, in __getattr__
    value = self.callbacks[name](self)
  File "/usr/local/share/python25/lib/python2.5/site-packages/Trac-0.11.ja1-py2.5.egg/trac/web/chrome.py", line 460, in prepare_request
    for category, name, text in contributor.get_navigation_items(req):
  File "build/bdist.linux-i686/egg/burndown/burndown.py", line 142, in get_navigation_items
    yield 'mainnav', 'burndown', Markup('<a href="%s">Burndown</a>', self.env.href.burndown())
LookupError: unknown encoding: /projects/sample/burndown
encodingが見つからない???
とりあえずググってみるとこんなチケットを発見。

http://trac-hacks.org/ticket/2936

...バグか?
いや、Genshi ver5にまだ対応いていないだけか?

こんなコメントが書いてる。
See http://genshi.edgewall.org/changeset/834
You will notice the docs say that: Markup('<b>%s</b>', name)
Should be replaced by: Markup('<b>%s</b>') % name
Change manually and rebuild your egg file and you should be fine
This is a change in genshi v5 I think

えーっと、、、
GenshiになってからMarkupというメソッドの実行がかわったってことか?
Markup('<b>%s</b>', name)

Markup('<b>%s</b>') % name
に置き換えて、もう一回ビルドしろといっている?

とりあえず、エラーメッセージをたよりにあたりをつけて修正してみる。
編集対象は、scrumburndownplugin/burndown/burndown.py。

142行目はこんな感じ。
140     def get_navigation_items(self, req):
141         if req.perm.has_permission("BURNDOWN_VIEW"):
142             yield 'mainnav', 'burndown', Markup('<a href="%s">Burndown</a>', self.env.href.burndown())

これをこんな感じで修正してみた。
140     def get_navigation_items(self, req):
141         if req.perm.has_permission("BURNDOWN_VIEW"):
142             yield 'mainnav', 'burndown', Markup('<a href="%s">Burndown</a>') % self.env.href.burndown()


保存して、
python setup.py bdist_egg
んで、いつものごとく
/scrumburndownplugin/dist/TracBurndown-01.08.10-py2.5.egg
をプラグインディレクトリにコピー。
trac-admin /trac/env upgrade
OK~。
動いた、が、これでいいのか?

うーん、自信がない。
| hikaru | - | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:00 | - | - | pookmark |









http://hidamarinonaka.jugem.cc/trackback/131
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
なかのひと
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
世界中が雨だったら
世界中が雨だったら (JUGEMレビュー »)
市川 拓司
前三篇からなる、短編集。
今までの市川拓司とはまったっく違った雰囲気を持つ。
+ RECOMMEND
いま、会いにゆきます
いま、会いにゆきます (JUGEMレビュー »)
市川 拓司
10/30から、公開されている同名映画の原作。人によっては黄泉返りと似ているという人も(私は全く違うと思いますけどね)。
最後の最後に泣きました。
+ RECOMMEND
恋愛写真―もうひとつの物語
恋愛写真―もうひとつの物語 (JUGEMレビュー »)
市川 拓司
淡い世界の中で、続く現実と夢。
淡々と過ぎる日常の中での出合いと、別れ、そして幸せを、綴った本。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE